「食」の力で社会を照らす

「食」を通して少しだけ楽しい社会へ

農業承継、農業経営、農業参入について

農家数は毎年減少しており、農業従事者の平均年齢もいよいよ70歳に差し掛かろうとしております。
しかし、一農家当たりの耕作面積数は実は増加している現状があります。
これは農家が集積し大型化を図っている、企業の農業参入により効率的な農業が行われるようになってきたということを表しています。
世界的にみれば今後食料不足が問題になるでしょうし、国内で見れば農業者の離農が大きな課題になります。
そんな中で、農業参入を検討する企業様や農業を拡大しようとする方、融資等を活用し現在の農業経営を改善していきたい方、事業をうまく承継したい・第三者承継を活用したいといった希望をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
弊所では、そんな希望を実現できるようご支援いたします。

「食」や「社会起業」事業に
関するサポートを

アドヴェルト行政書士事務所では、「食」に関する事業を支援します。
農地所有適格法人設立、農地承継、飲食店許可申請はもちろん、相続や補助金申請、商品開発を通した6次産業化支援のコンサルテーションも行っています。

「食」を通して少しだけ楽しい社会へ

「食」を通して少しだけ楽しい社会へ

日常生活に欠かせない、「食」。そんな大事な時間をより楽しく過ごせるようにとさまざまなアイデアを実現していく飲食店・食品関連業・一次産業者の方には頭が上がりません。
微力ながら、私たちも行政書士として、一人の消費者としてご支援していきたく存じております。食の多様化やニーズの変化に合わせた多様な業種の飲食店や商品が生まれております。私たちはその一助になるように、融資申請、許可申請、商品販売に必要なプロセスの支援や公的な認証を受けるお手伝いをしていきます。

logo